top of page

イベント情報(4/2土):「患者切り捨て行政」を押し返せ! 4.2東京 水俣病認定義務づけ訴訟 熊本地裁判決報告集会





 水俣病がなお“解決”しない最大の理由は、国が定め県が執行する「水俣病認定制度」が患者切り捨て制度と化している故です。


 被害者互助会の原告7名は、かつて訴訟や自主交渉を先頭で担った人々の家族や親族で、胎児性患者たちと同年代。2015年から始めた熊本・鹿児島県に対し患者認定を求める行政訴訟が3月30日に判決を迎えます。司法が正しい判断を下すのかを見届け、患者切り捨て行政と闘う原告団を励ますために、皆様のご参集を呼びかけます。


※緊急追記

3月8日、被害者互助会原告8名が先に提訴していた国陪・第二世代訴訟について、最高裁判所は原告の上告を棄却しました。この不当決定についても、当日報告します。


日時: 2022年4月2日(土)13:30~16:50(13:00開場)  

会場:連合会館 201会議室

   東京都千代田区神田駿河台3-2-11

   TEL: 03-3233-0611

    JR中央線・総武線【御茶ノ水駅】 聖橋口 徒歩5分

   東京メトロ千代田線【新御茶ノ水駅】B3出口 徒歩0分

   東京メトロ丸ノ内線【淡路町駅】 B3出口 ※B3出口まで徒歩5分

   都営地下鉄新宿線【小川町駅】 B3出口 ※B3出口まで徒歩3分

参加費:500円

《プログラム》(敬称略 順不同)

 ○熊本地裁判決報告・挨拶・発言

  佐藤英樹(水俣病被害者互助会会長/原告)

  山口紀洋 (認定義務付け訴訟弁護団/弁護士)

  倉本ユキ海(水俣病被害者互助会/原告)

  緒方博文(水俣病被害者互助会/原告)

  谷洋一(水俣病被害者互助会事務局)

  花田昌宣(熊本学園大学)

  萩野直路(新潟水俣病訴訟を支援する会) 

  原 一男 (「水俣曼荼羅」監督/オンライン)

  ほか


これまでの棄却取消・水俣病認定義務付け訴訟(すべて患者勝訴)


1997.03 御手洗訴訟 被告鹿児島県 福岡高裁判決確定

2013.04 溝口訴訟 被告熊本県 最高裁判決確定

2013.04 大阪Fさん訴訟 被告熊本県 差戻後 大阪地裁判決確定

2017.11 新潟9原告訴訟 被告新潟市 東京高裁判決確定

2014.03 環境省「新通知」で 溝口さん・Fさん訴訟最高裁判決を歪曲 患者認定に逆行


※コロナ対策上、37.5度未満の方に入場頂きます。マスクをご用意ください。

※今回、「オンライン公開」は設けていません。会場にご参加ください。 


共催: 水俣病被害者互助会/溝口訴訟弁護団事務局/チッソと国の水俣病責任を問うシンポジウム実行委員会


協力:東京・水俣病を告発する会

〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-21-7 静和ビル1A

連絡・問合せ:y-kbt@nifty.com TEL/FAX 03-3312-1398


【関連資料】

上告棄却について:緊急声明

 最高裁は本年3月8日付で,水俣病互助会国賠訴訟原告団の上告を棄却し,上告受理申立を受理しない旨の決定をなした。同原告団はこれとは別に熊本県及び鹿児島県を被告とする水俣病認定義務付訴訟を熊本地方裁判所に提起しており,その判決が3月30日に予定されているところ,その判決直前になされたこの決定は極めて政治的であると判断せざるを得ない。

 くわえて,発生の公式確認から66年を経た今日,なお水俣病被害を訴える原告たちの苦痛と苦悩をいとも簡単に具体的な理由を述べることなく蹴飛ばしてしまうこの決定に見られる最高裁の姿勢には改めて,怒りを覚えざるを得ない。関西訴訟及び溝口訴訟・Fさん訴訟最高裁判決で水俣病患者たちが切り開いた地平を打ち消し、時計の針を逆戻しするものである。原告・弁護団は満腔の怒りを持ってこの決定を糾弾する。水俣病患者たちの苦難はなお続くのであるが,原告団及び弁護団は今後も闘い続けることを宣言する。

2022年3月10日

水俣病被害者互助会訴訟原告・弁護団一同

閲覧数:88回

Comentarios


bottom of page